MacBook

ハードウェア

MacBook Pro 15 (2018) Core i9 版の異常発熱は本当に直ったのか?

先月、有志による調査で2018 年版の Core i9 搭載 MacBook Pro 15 インチモデル は VRM (電圧レギュレータ・モジュール)のキャパシティ不足により、CPUに電源を供給するユニットが異常発熱を起こすことが判明した...
Linux

WSLとマイクロソフトの狙い

2016年春、マイクロソフトは WSL(Windows Subsystem for Linux)という Linux 互換レイヤーを発表した。
ハードウェア

MacBook Pro 15 (2018) Core i9 版に異常発熱問題か?

Apple はできるだけ MacBook を静かにしたいがために排熱ファンの回転数を普通のノートPCでは考えられないほど落としている。
タイトルとURLをコピーしました