ほとんどのPCはWindows 11にアップグレードされない、できないという話

Windows
この記事は約6分で読めます。

先月電撃的な開発発表がされたWindows 11。その際、今年のクリスマスシーズンにリリースすることと最小システム要件も発表された。またWindows 10 HomeおよびProのサポートを2025年、つまり4年後に終了することを正式に発表した。

発表されたシステム要件

マイクロソフトが発表した最小システム要件は以下のようなものだ。

CPU1Ghz以上かつ2コア以上有している64bit互換プロセッサ
Intel Core i 第8世代(Coffee Lake)以降
AMD Ryzen  第2世代(Zen+)以降
DRAM4GB以上
ストレージ64GB以上
システムファームウェアUEFI+セキュアブート
TPMバージョン2.0以上
グラフィックスDirectX 12 以上
ディスプレイ9インチ以上の8bitカラーディスプレイ(720p以上)

このWindows 11の要件があまりに高かったためネットは阿鼻叫喚に包まれた。

また2015年にシカゴでマイクロソフトはWindows 10が「最後のWindows」になるという紛らわしい、詐欺と呼ばれてもおかしくない発表をしたことを多くの人の耳に届いてしまった。このため新しいバージョンのWindows OSが出ること自体寝耳に水だった人も多かったようだ。

さらにマイクロソフトがリリースしたWindows 11が動くかどうか判定する「PC正常性チェックツール」がお粗末だったため、火に油を注ぐ形となった。非難轟々だったためか先月(2021年6月)28日にマイクロソフトはこのWindows 11互換性チェックプログラムを一時非公開にした。

https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-11

さっそくアップグレード特需をみこんでかデスクトップ用マザーボード向けのTPMモジュールが転売屋に買い漁られ、売り切れになったり価格が通常の3倍近くというアホみたいな値上がりをした。TPMモジュールが最初から搭載されたマザーボードよりも高価になってしまっている。

Amazon TPM モジュール 価格変動

Windows 11 Insider Previewでは、Intel Core i 第7世代、AMD Ryzen 第1世代とやや要件を緩和したようだが相変わらず厳しいという人も多いだろう。またこれはあくまでプレビュー版で正式版ではないためWindows 11の本リリースでシステム最小要件が変更となったわけではないようだ。

なぜ厳しい要件になったのか

なぜWindows 11のシステム要件がこれほど厳しくなったかというとセキュリティ機能を大幅に追加されたからだ。特にWindows 11ではWindows 10でオプション扱いだったVBS(Vitualization-Based Security)/HVCI(Hypervisor-protected code integrity)が強制的に有効化されている。ハードウェアをハイパーバイザーで仮想化し、その上でWindowsカーネルをメモリの安全な領域で実行することで悪意のあるコードをカーネルに対して実行をできないようにするもののようだ。さらにコードの整合性ポリシーと呼ばれる決められたコードのみを実行させる機能が実装された。

ただこれらのセキュリティ機能は副作用があって古いIntel CPUで利用した場合は40%以上の性能低下があるとの報告がある。ほぼ使い物にならなくなるわけだ。DELLのホームページでも同様の問題が指摘されており、2019年に発売されたばかりの法人向けPCも影響をうけたそうだ。

ホームユーザにここまでのセキュリティは必要か、という疑問は残る。

アップグレードできるPCは?

現状のマイクロソフトの発表だと何も設定をいじらずにWindows 10からWindows 11に確実にアップグレードできるPCはおそらく直近2年、2019年以降に発売されたPCに限られるのではないだろうか。この辺でマイクロソフトが脚切りしようとしているのが目に見えている。それ以外は何らかの設定が必要になってくる。

要件があまりにややこしかったため有志がWindows 11にアップグレード可能かどうか判定するアプリケーションまで作った。この「WhyNotWin11」というツールを使えばWindows 11にアップグレードできるかどうかだけでなく、なぜアップデートできないのか細かく原因をチェックし結果を表示してくれる。これは本来ならばマイクロソフトが出して然るべきツールである。

WhyNotWin11
WhyNotWin11

日本語訳をしてくれた方がいるようで日本語にも対応しているので英語がちんぷんかんぷんな人でも安心して使える。ダウンロードして管理者権限で実行するだけだ。

「管理者権限で実行する」にはダウンロードしたアプリケーションに対しShiftを押しながら右クリックすればメニューに表示される。

GitHub - rcmaehl/WhyNotWin11: Detection Script to help identify why your PC is not Windows 11 Release Ready
Detection Script to help identify why your PC is not Windows 11 Release Ready - GitHub - rcmaehl/WhyNotWin11: Detection Script to help identify why your PC is n...

それと比較して下はマイクロソフト公式のツール。Windows 11を実行できない理由すら示さずいくらなんでもひどすぎる。「PCの正常性チェック」というアプリ名からも傲慢さが現れていると言わざる得ない。

PC正常性チェックツール
マイクロソフト公式 PC正常性チェックツール

ハードウェアが対応していてもほとんどの人はアップグレードできない

CPUなどのハードウェアが対応してれば万事解決ではないのだ。なぜかというと設定の仕方がわからないという人が大量に出てくるからだ。世の中のほとんどの人はBIOS画面の出し方すら知らないだろう。

Windows 11へのアップデートではUEFIとセキュアブート、TPM2.0が必須である。Windows Helloなどをゴリ押ししたいマイクロソフトがこれを緩和することはないであろう。私はラップトップを何台か所持しているが数年前に購入したものでもハードウェアはUEFIとTPMに対応しているにも関わらず、出荷状態だとレガシーBIOSに設定されておりセキュアブート機能、TPMも切ってあった。ここから対応条件に持っていくにはマザーボードの設定変更後にMBRをGPTに変換する作業などを行わなければならなかった。

PCを自作していたり設定をいじくり回すのが好きな人は比較的簡単に行える作業ではある。しかしそれ以外の解説サイトを片手に設定できる人はそんなに多くないだろう。そしてPCショップか家電量販店にいけばニッコリしながら買い替えたほうが良いですよと言われるのがオチ。

Windows 11のアップデート診断・代行しますというサービスでも立ち上げたら一儲けできるかもしれない。

大量に出るであろう電子廃棄物

Window 10のサポートは2025年に切れる。まだまだ使えるPCがE-Wasteとなって大量に捨てられることになるだろう。多くの企業や人が互換性問題に頭を悩ませている中、なぜかWindows 11の発表は主要メディアの間では割と歓迎ムードだ。やれゲームで数%のパフォーマンス改善だのAmazon経由でAndroidアプリが使えるようになっただのはしゃいでいるが他にやるべき重要なことがあるのではないだろうか。

Windowsをアプリの試験実行のためにしか使っていない筆者からしたらWindows OSのシェアが落ちるのは歓迎だ。しかしユーザのために柔軟な環境にOSをインストールできるようメディア側がマイクロソフトにもっと訴える必要があると考えるのだがいかがだろうか。あるいはWindows 10のサポート期間を延長しろと意見すべきだ。

おわり

コメント

  1. 匿名 より:

    >5.大量に出るであろう電子廃棄物

    秀逸な意見だ。ただでさえ半導体不足の上、希少金属を含むコンピュータ達がごみの山に変わると思うと腹立たしい。

  2. 匿名 より:

    めっちゃ不満たらたらでわろすww
    ほぼ同意だけど

    > 「PCの正常性チェック」というアプリ名からも傲慢さが現れていると言わざる得ない。
    これはホントそう思う

タイトルとURLをコピーしました