Firefox 高速化、RAMキャッシング編

2015年11月1日

Firefox を快適に使うための設定を紹介。

RAM上にキャッシングするとPCの電源を切る際、一時ファイルはなくなってしまう。だが遅いのはサイトキャッシュをダウンロードする一回目のアクセスだけで二回目以降ものすごく早くなる。特に動画サイトや画像の多いサイトで体感できる。昨今の光回線やCATV回線などのブロードバンド回線だとキャッシュのダウンロードも大した問題ではないだろう。

これはどのブラウザにも共通することだが、やはりHDDから一時ファイルを読み込む際がボトルネックとなる。

また副次的な効果としてHDDやSSDへの負担が減り、長持ちすることが期待できる。さらにPCの電源を切るとキャッシュファイルが消えるのでプライバシー保護にも貢献するだろう。(履歴などは残る)

価格.comなどで最安値を調べれば、DDR3、4Gのメモリは3000円前後、8Gは5000円前後で買える。これを気に増設してみてはいかがだろうか。

さて、FirefoxでキャッシュファイルをRAM上にキャッシュする設定とその他を紹介しよう。

 

■ user.js の設定


Firefoxのユーザ設定は user.js というファイルに記述することで反映できる。

アドレスバーに about:config と入力すれば、設定はできるが、後々PCを新調した際やOSの再インストールした時に、この user.js を使ってすぐに設定できるので便利だ。

Windows の場合、パスは C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\ランダム文字列.default 内に user.js ファイルを作成し、メモ帳などに以下を追加する。

Linux の場合、パスは /home/ユーザ名/.mozilla/firefox/ランダム文字列.default/ 内に user.js ファイルを作成。


メモリキャッシュを有効化

user_pref("browser.cache.memory.enable", true);

ディスクキャッシュ無効化

user_pref("browser.cache.disk.enable",false);

メモリキャッシュ容量

-1と設定すると自動的に容量が割り振られる

user_pref("browser.cache.memory.capacity", -1);

ちなみに、JavaScript(js)ファイル内ではダブルスラッシュ (//)を行の先頭に記述することでコメントアウトできる。複数行のコメントをしたい場合は(/* コメント */)を使う。

以下のように記述すると便利

/* Firefox 設定ファイル */ 
////// インターフェイス /////// 
// サイト独自のお気に入りアイコン 
user_pref("browser.chrome.favicons", false); 
user_pref("browser.chrome.site_icons", false); 
/* キャッシュ  メモリキャッシュの有無 */ 
user_pref("browser.cache.memory.enable", true); 
// ディスクキャッシュ無効化 
user_pref("browser.cache.disk.enable",false); 
// メモリキャッシュ容量 
user_pref("browser.cache.memory.capacity", -1); 

/////// ネットワーク ////// 
user_pref("network.http.pipelining", true); 
user_pref("network.http.proxy.pipelining", true); 
user_pref("network.http.pipelining.maxrequests", 8); 
user_pref("network.http.max-connections", 64); 
user_pref("network.http.max-connections-per-server", 16); 
user_pref("network.http.max-persistent-connections-per-proxy", 16); 
user_pref("network.http.max-persistent-connections-per-server", 8); 
user_pref("network.dns.disableIPv6", true);

プロファイル設定ファイルをRAMに


ArchLinuxでは有志が創った Firefox のプロファイルをRAM上に自動的に置いてくれるProfile-sync-daemonというプログラムが存在する。これを使えば更に補助記憶装置への負荷を減らすことができる。


 

One thought to “Firefox 高速化、RAMキャッシング編”

  1. After disabling some of your plugins, close and restart Firefox, and observe its memory usage. If you don’t see an improvement, you can enable those plugins again and try with a different set.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。