Linux:AMDとNVIDIAどっちが良いのか 2020

Linux
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

Photo by Zii Miller on Unsplash

改稿 2020年7月5日

グラフィックボードにおいてRadeon(AMD GPU)とGeForce(NVIDIA GPU)、Linuxではどっちが良いかという論争が度々起こる。今回は自分なりの実体験を載せながらどちらが良いか比較しようと思う。

単純にハードウェアの性能で選ぶのならばNVIDIA GPUで間違いはないが、Linuxにおいては考慮しなければいけないことがいくつかある。

スポンサーリンク

どちらが安定しているのか

AMDは長らくゴミみたいなドライバをLinux向けにリリースしてきたことからLinuxユーザから忌避されてきた。Xサーバのフリーズやチラツキなどが頻発し、使い物にならなかった。

しかし2018年頃になってこの状況が変わってきた。Linuxカーネル4.15では最新のAMD Radeon Vega GPUではカーネルパニックを頻繁に起こしたり正しく動かないことが多かったが、4.17にアップデートしたら何事もなかったかのようにスムーズに動作しだした。

AMD GPUのドライバはオープンソースだ。最新のドライバがカーネルにマージされるから当たり前だがAMD GPUは新しいLinuxカーネルの方が相性が良い。またドライバを自分でインストールする必要すらない。

一方、 NVIDIAドライバはプロプラエタリなためカーネルにマージされることなく完全に分離している。ゆえにある程度熟れたLinuxカーネルと組み合わせたほうが安定する。Arch Linuxを使っていて適当にLinuxカーネルのアップデートを繰り返していたらXサーバ自体が起動しなくなる問題が年に数回は起きた。

NVIDIAドライバの出来自体はなかなかのものでパフォーマンスもWindowsのそれと遜色ない。だがAMD GPUに比べて安定性はいまいちと言わざる得ない。NVIDIA GPUを使いたい場合自己解決能力が必要になってくることもあるかもしれない。

AMD GPUのほうがトラブルなく環境を提供してくれると言っても良いだろう。ただ発売されて間もないAMD GPUは避けたほうが良さそうだ。昨今のRadeonは大幅なアーキテクチャの改定を毎年のように行っているため、Windows OS向けのドライバであっても安定して動作しないことがある。

余談だが、NVIDIA GPU向けに「nouveau」というオープンソースドライバがある。これは有志がNVIDIA GPUのドライバをリバース・エンジニアリングしたものでコンポジターとの相性がなかなか良い。だがプロプライエタリドライバに比べたら性能は劇的に落ちてしまう。

Waylandへのサポートはどちらが良いか

WaylandはX11に変わる次世代のディスプレイサーバとして2012年から開発が続いており、GNOMEやKDEなどの主要なデスクトップ環境が徐々に対応を完了させつつある。

Wayland が動作するには GBMという API がグラフィックドライバに組み込まれている必要があるがNVIDIA は長らくこれを拒否してきた。代わりに EGLStream というどこのコンポジタも対応していないようなAPIを使うよう強要してきた。

KDEチームなどは余計な仕事が増えると激しく抵抗したがNVIDIAの目論見どおり、GNOME MutterKWin WaylandにEGLStream APIが組み込まれた。しかしラグがひどかったり画面がちらついたりする。アニメーションを切ればそれなりに快適に動くが小さな引っかかりがストレスになることがある。

AMD GPUやIntel Graphicsではこういった問題は少ない。

さらに Valve が開発している ゲーム向けコンポジッタ「Gamescope」 は現在 AMD GPU にしか対応していない。将来的には NVIDIA GPU も Xwayland に対応すると思うがこういった新技術を先取りして試したい場合は AMD GPU が望ましい。

Intel GPUが最も安定している

見落とされがちだがIntelのオープンソース・コミュニティへの貢献度はかなり高い。Intel CPUのマイクロコードやIntel Graphicsのドライバをオープンソース化しており、熱心にLinuxカーネルへコードを提供している。自前のLinuxディストリビューション「Clear Linux」までをも作り出し、そのソースコードがいくつものプロジェクトに利用されている。

古いノートPCにLinuxをインストールしてすぐに問題なく動画再生や軽いゲームならば遊べて驚いたという方も多いだろう。これはほとんどのノートPCにIntel Graphicsが内蔵されていたからにほかならない。

Intelが今年(2020)はじめに単一のGPU「Intel DG1」を発表したときに失望や嘲笑するような報道がなされたが私はこの行く末を非常に楽しみにしている。NVIDIA GPUやAMD GPUのように高性能でなくても良いが低消費電力、低価格で中程度の画質でゲームを遊べるGPUというのは需要があるだろう。

なによりも Linux との相性も注視していきたい。

Linuxでのパフォーマンスは

さて、 Linux上でのAMD、NVIDIA両者の性能だが現行最新のAMD GPUの「Radeon RX 5700 XT」はNVIDIA GPUの「GeForce RTX 2080」良い勝負をしており、「Radeon RX 5700」は「GeForce RTX 2070」と競っている。

Radeon RX 5700 / RX 5700 XT Linux Gaming Performance With AMDGPU 5.3 + Mesa 19.2-devel - Phoronix
Phoronix is the leading technology website for Linux hardware reviews, open-source news, Linux benchmarks, open-source benchmarks, and computer hardware tests.

最高性能のグラフィックボードがほしければNVIDIA GPUしか選択肢がないが、エントリーモデルやミドルレンジならばAMD GPUにも対抗馬がある状態だ。AMDはラインアップを増やし確実にギャップを埋めてきている。

まだNVIDIA GPUにのみ最適化されたゲームが多いため、ゲームによってはボロ負けすることもあるがF1 2017のようにAMD GPUに最適化されたゲームならば同じ価格帯のNVIDIA GPUを優に超えることがある。

結論

GNOMEやKDEなどのリッチなグラフィックスを使ったデスクトップ環境は使わず、ゲーミングやコンピュート性能に特化したPCを作りたいならばNVIDIA GPU。自己解決能力が必要になってくるときもあるだろう。

トラブルが少なく安定したデスクトップ体験を得たいならばAMD GPUが良いだろう。

個人的には2020年現在グラフィックボードで現行最高性能の「GeForce RTX 2080 Ti」や「RTX TITAN」を買いたい、あるいはCUDAコアやTensorコアを利用してプログラムを組みたいといった明確な目的がなければLinuxデスクトップではAMD GPUで良いのではないかと考える。

ハイエンド:NVIDIA RTX 2080 TI

予算に制限がない。自分でトラブルを解決できる人向け。

ミッドレンジ:AMD Radeon RX5700 XT

50,000円以下で買えるフラッグシップレベルのGPU。

ローエンド:AMD Radeon RX 580

20,000円以下。発売されて3年以上たっているがまだまだ現役で使える。最新のゲームでも中画質程度ならば快適に動くだろう。中古ならば15,000〜12,000円で出回っている。

― 了 ―

コメント

タイトルとURLをコピーしました