アシダ音響「ASHIDAVOX ST-90-05」を実機レビュー

3.0
ハードウェア

※当サイトは広告収入で運営されているため、広告が表示される場合があります。

どうも、理想の軽量ヘッドホンを探し求める者です。

今回はアシダ音響さんの「ASHIDAVOX ST-90-05」というオンイヤーヘッドホンに一目惚れして購入したのでレビューします。

レトロでかわいいデザイン

外見は昔の図書館においてそうな形のヘッドホンです。一切無駄を削ぎ落としたかのようなデザインですが質感・品質はなかなかのものです。

ハウジングが無骨です。ベントホールなどは一切ないため遮音性が高いです。

ハウジングとバンドとのジョイントも少し動くので融通が利きます。

抜群な装着感

装着感はかなり良いと思います。イヤカップも柔らかく側圧もちょうど良いです。

アジャスターの長さが割と長く、縦長な筆者の頭にも十分にフィットさせることができました。

重量は 110g ほどしかなく、10分もすれば付けているのを忘れるほど軽いです。

シンプルかつ丈夫な作り

ヘッドバンドも頑丈です。かなり力がいりますが自分の頭の形に合わせて少し成形することができます。

聞くところによると医療用・業務用のケーブルが使われてるようで分厚く滅多なことでは断線しそうもありません。特殊なスリットが入っており絡まりを防止してくれます。

ケーブルは 1.2メートルと長く、個人的にはプラスポイントです。

ジャックは昔ながらのL字型で結構な厚みがあります。

耳パッドを外した状態です。小さなヘッドホンとは裏腹に大口径のサウンドドライバーが使われていることがわかります。

四方にあるフィリップスヘッドネジをはずしたら中身を見ることができます。

中身

これ以上ないシンプルな構造です。ドライバユニットはハウジングにガッチリと接着されているので簡単には取り外せそうにないです。

仕様など

形式ダイナミック型
ドライバΦ40mm
インピーダンス40Ω (at 1kHz/1mW)
音圧感度104dB/mW
最大入力1,000mW(IEC)
再生周波数帯域5 ~ 40,000Hz
コード長約1,500mm
プラグΦ3.5mm 金メッキステレオプラグ L型
質量約110g(コード含まず)

音圧感度、再生周波数帯域共にスペック上は素晴らしく、インピーダンスも40Ωで再生できるというのも個人的には点数が高いです。

音質について

第一印象、低音域が強烈で不可思議な音質

初聴で驚いたのが音の出の良さです。低音域がかなりブーストされているのか普通のヘッドホンでは聞き取れないような風音やノイズといった環境音まで聞き取ることができました。そういった意味で昔の業務用ヘッドホンのDNAが本機にも受け継がれていると感じさせられました。

音楽を聞いた見た第一印象は低音域がものすごく出るヘッドホンです。その反面全体的に靄がかかったようなあまりクリアではない音で思わず顔をしかめました。ボーカルが入る曲はややボケていて遠くで歌っているような不可思議な感じ。楽器の音と混ざりあったようななんとも言えないサウンドでした。貧乏学生だった頃に買った「パイオニア SE-M521」がぼんやりと思い浮かびました。

低音がものすごくよく聞こえるヘッドホンなので「この曲のベースこんな感じだったんだ」という再発見があって面白いですが、ボーカルを集中して聞きたい方にはあまり向かないヘッドホンだと思います。高音が密閉型にありがちな雑さなので女性ボーカルの曲が聞き取りづらく物足りなく感じてボリュームを上げるとハウジング内で音が反響するような不快な音がして慌てて音量を下げることになってしまうことが何度もありました。ボワッとしているかと思いきや中音の細かな音はキチンと表現できているので決してドライバーが壊れているわけではないのでしょう。

特に讃美歌などを聞くとこのヘッドホンの弱点が浮き彫りになります。それぞれのパートを聞き分けづらく、CD音源を聞いているはずなのに臨場感が消え、00年代のホームビデオ音源を聞いているような錯覚に陥ります。本来は風が耳を吹き抜けるような音を出すオルガンも精彩を欠く古めかしい音になってしまいました。

YouTubeでゼンハイザーとの比較動画を投稿してくれている方がいました。まさにこういったサウンド・プロファイルのヘッドホンです。

コメント欄に

「ASHIDAVOX (dont know what is it) – is complete crap, sorry man. Sennheiser 599 sounds good.」
「ごめんけどASHIDAVOX(というのがなんなのか知らないけど)は完全にガラクタだよ。ゼンハイザー599は良いね。」

という2年前に投稿されたあまりに率直な英文コメントがあり、苦笑と共に妙に納得してしまいました。ゼンハイザーと比べるのはあまりに酷ですがキレイな高音が出るヘッドホンと比べるとこんな感想になってしまうのでしょう。私は本機をガラクタだとは思いませんがだいぶクセが強めのヘッドホンだと感じました。

ベースをゴリゴリに効かせて楽しい音楽、例えばヒップホップやアコースティックな音楽を楽しめるヘッドホンですがクラシックや最近の曲とは相性があまりよろしくないように感じます。他のヘッドホンで聞こえていた高音の電子音が本機では聞こえづらい、良さが消えてしまうということが結構あります。

エイジング

使い込んで慣れてきた耳

最初このヘッドホンは聞いているだけで耳と脳が疲れてしまいました。普段はフラット寄りなヘッドホンを使っているからかもしれません。

日本語圏のネットの評価は非常に高いので単純に好みの問題なのか筆者がクソ耳なのか、気になるところではありますが音に慣れるまでに3日くらいかかりました。本機を身につけた瞬間はこもってるなぁと感じますが10分くらいすると「おーベースが効いててまあこれも良いか」というくらいにまで脳を慣らすことができました。ですが主旋律が高音側にある曲を聞くと物足りなさを感じて違うヘッドホンに切り替えてしまいます。

そこでネット上のレビューによれば本機使い込むことで化けるとの情報が多く書き込まれていたことを思い出しました。いわゆるエイジング、英語でいうところの Burn-In というやつに挑戦してみることにしました。

再び落胆

ピンクノイズやエイジング用ノイズというものを流してみたりおおよそ100時間ほど使い込んでみました。確かに使いこむほど音がクリアに変化しているように感じました。

しかし2日ほど耳をリセットする期間を設けて再び ST90-05 を試したところまたガッカリしてしまいました。膜がかかったようなこもった音が復活しているのです。

よくよく調べるとヘッドホンのエイジングというのはあまり根拠がないプロセスのようです。プラスチックの膜(振動板)がそんな短期間で変形したら欠陥品ですし音が変化したというならば数値化できるはずです。それにメーカーがわざわざ未完成品を売るというのはあまり考えられない話です。変わるとしたら音を受け取る耳とそれを処理する脳です。保有効果やらコンコルド効果も影響しているのかもしれません。

10時間で音が変化したとか、100時間かかったとか人によって大きなばらつきがあるのも脳の個体差によるものでしょう。

初めて付けて「ワオ!」ってならなかったら耳に合わないヘッドホンなのでしょう。

総評

総評としてはオンイヤーヘッドホンにしては音質は良いが音がこもっていて低音が強く高音が雑なため若干クセがあり人(曲)を選ぶ。音漏れが少なく軽量で丈夫なため携帯性が良好。デザインもレトロチックでかわいいので首に引っ提げてお出かけするのも良いでしょう。

  • 良い点
    • 堅牢な作り
    • デザインが個性的
    • 品質が良い
    • 音の出が良い
    • 低音域がよく出る
  • 悪い点
    • こもった音
    • 高音域が雑
ASHIDAVOX
¥7,340 (2024/05/28 14:12時点 | Amazon調べ)

音質への期待感があまりに高かったのでガッカリした気持ちが上回ってしまい、辛口なレビューとなってしまいましたが決して悪いヘッドホンではないと思います。格安ヘッドホンやイヤホンからの乗り換えでしたらさぞ感動することでしょう。ただネット上の評価は過大なものだと感じました。

同じ暗め or 暖かめのサウンドがお好きでしたら PortaPro (ポタプロ)KPH40 のほうがバランスが良くいろんなジャンルの曲を聴いていて楽しいと思います。まあポタプロも音ダダ漏れだしサブベースが効きすぎてる曲を流すと若干音割れしやすいなど良し悪しはありますが。

デザインと造りはものすごく好きなのでドライバーユニットだけ入れ替えて改造したいくらいです。これ(ST90-05)の上位版にあたる ST-90-07 はモニター用でクリアな音を奏でるという評判がありますので気になるところではあります。

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました