ハードウェア

DURGOD TAURUS K320 メカニカル・キーボード レビュー

更新日:

クオリティ、デザインともによく、値段もそこそこ安い茶軸搭載キーボードを探していたら本機に出会った。

10,000円超えない値段で Cherry MX キースイッチ搭載というそこそこ安い値段だ。

ゲーミング・キーボードというカテゴリに公式でされているが、スペース・グレーの落ち着いた色合いとゲーミング商品特有の派手な LED も装飾もない。キーキャップに印字されている文字もごく一般的なフォントで読みやすく、オフィスでも悪目立ちすることなく馴染む。

N-Key Roll Over 対応のため、いくつもキーの同時押しを求められる FPS ゲームなどにも十分活躍できる。

牡牛座の名を与えられているだけあって、堅牢で実直なつくりをしている。

最近まで Amazon Japan でも取り扱っていたが売り切れ状態になっている。手に入れるには GearBest や MassDrop 、 米 Amazon 経由で購入することになる。かく言う私も GearBest で購入した。手元に届くのに約20日ほどかかった。

パッケージと同梱物

キープラー、格安キーボードについてくるようなプラスチック製ではなく金属製。

5000円以上のゲーミングキーボードに必ずと言っていいくら同封されてくるステッカー。使う人はいるのだろうか。

本体

古い IBM や東プレキーボードのようにファンクションキーやコマンドキーを色分けしている。本体は結構な重量。

キーを取り外した状態。スタビライザーも純正のものを使っているのかキーのガタツキはほとんどない。

キーキャップは2色成型であり、文字が消える心配はない。

Cherry MX 茶軸。LEDが搭載されたモデルもあるようだが、こちらは非搭載。

ロゴは目立たない側面へに印字されている。

インジケーター

格安キーボードなどに比べかなり厚みがある。

接続端子は USB-C 。脱着可能なのでケーブルのきせかえが可能だろう。

DREVOのキーボードに比べたら滑り止めが小さいがその分重量があるしズレることはあまりない。

-ハードウェア
-,

Copyright© SlackNote , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.