「TUDIA MERGE」頑丈でスタイリッシュなスマホケース

Android

TUDIAは2014年に創設された割と新しいアメリカの企業なのですが、品質が高い頑丈なスマートフォンのケースを作ることで有名です。年々確実にそのブランド価値は高まっている印象です。

海外のスマホケースのランキングでもいつも上位に乗っています。

その中でも「MERGE」シリーズという二重構造のケースが主力商品です。今回はこのケースをレビューをしてみました。

本体は柔軟性のあるTPUと頑丈なポリカーボネートの二層構造となっていてポリカーボネート部分は取り外しができます。

パッケージ

米国国防総省の調達基準「MIL-STD-810G」をクリアしています。簡単に言うと122cmからの高さでどの方向から落としても機材が正常に動く、というテストをクリアした証です。

スポンサーリンク

デザイン

本体
本体 裏側
本体内側下部

梱包材みたいな働きをするエアポケットがあることがわかります。これにより、カドから落下してもケースがたわみ、スマートフォン本体への衝撃を吸収してくれます。

米国でデザインされ、中国で製造。

二重構造

ポリカーボネートの外装を取り外した状態です。おそらく複合装甲みたいな働きをするのだと思います。このためか頑丈をウリにしているケースの割にスリムです。

見た目的にも全部がラバー素材よりもPCを織り交ぜた方がメリハリが付いて格好が良いです。

通常の単一構造のケースやTPUとPCを組み合わせて成型した「Ringke FUSION」などと比べ、どれくらい衝撃に強いのか気になるところです。

PC部分

デザインはシンプルかつスタイリッシュでありつつ、素材に高級感があります。多くの高耐久スマートフォンケースはデザインが安っぽかったり、スポーティすぎることがありますが、TUDIAのケースは比較的落ち着いていて誰でも使いやすいと思います。

このPC部分の色を選ぶこともできます。(ブラック、ミント、メタリック、ローズなど)

こちらXperia 10 PlusにTUDIAケースを装着した状態です。ボタンの部分にはしっかりと切り込みが入っているため、押し心地がケースを装着していないときとあまり変わりません。安物のケースと違い、カチッカチと良い触感がします。

下半分には滑り止めの溝があり、ケースを装着すると本体よりも一回り大きくなっているにも関わらず、なかなか持ちやすいです。

ボタンやポート周りの切り抜きもよく考えて設計されており、不自由はしないと思います。

カメラ周りもしっかりと保護されています。出っ張っていたカメラモジュールはケースを装着すると2〜3mmほど埋まります。

残念だったこと

私の指が太いせいか、指紋認証センサーが使いにくくなってしまいました。センサーの両端に大きなつっかえができたことにより、結構力をいれて指を食い込ませないと反応しなくなりました。

Xperiaシリーズ特有の問題だと思いますが、側面に指紋認証センサーがついている機種については購入時によく調べた方が良いかもしれません。これさえなければ100点満点をあげたいケースです。

Xperiaのケースは本当に選ぶのに難儀します。いっそのことSony純正のケースを買ったほうが良いかもしれません。

値段

価格は機種にもよりますがAmazonで1,000円〜1,500円とお手頃な価格です。それなりのブランドにも関わらず、携帯ショップの実店舗で売られているケースやiFaceなどの高級ブランドよりも余程やすいので手を出しやすいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました