「Vitualbox」と「VMware Player」、無料で使える仮想PCツールを比較

Tec Tips
この記事は約5分で読めます。
ADVERTISEMENT

無料で使える仮想PCツールと言えば、「VirtualBox」と「VMware Player」の2つがあがってくるとおもいます。

両方とも無償でどのホスト PC にもインストールができ、Windows、Linux に対応しているクロスプラットホームなソフトウェアです。

2つとも使いやすく、高速なのでどちらを使えば良いのか悩む方も多いと思います。おすすめはどれか断言をするのは難しいですが、機能やパフォーマンスに差異があるのでここでは両者の違いを解説いたします。この記事が一助になればと思います。

ADVERTISEMENT

比較表

こちら個人利用で使うであろう機能を並べた、ざっくりとした比較表となっております。

Oracle VirtualBoxVMware Player
仮想レンダリングハードウェア+ソフトウェアレンダリングハードウェア
ホストOSLinux, Windows, macOS, Solaris, FreeBSDLinux, Windows
ゲストOSLinux, Windows, Solaris, FreeBSD, macOSLinux, Windows, Solaris, FreeBSD
フォルダの共有
暗号化拡張機能が必要○ だが限定的
USB仮想化拡張機能が必要
グラフィックAPIDirectX 9, OpenGL 3.0DirectX 10, OpenGL 3.3
仮想ビデオメモリ256 MB3 GB
ネットワークストレージiSCSI, NFS, SMB (CIFS)×
スナップショット×
リモートphpVirtualBox×

ライセンス

VirtualBox プロジェクトは Oracle が所有・発行しています。しかしながらオープンソース・ソフトウェアのため、誰でも自由に使うことができます。追加機能を提供するエクステンションパッケージがありますが、こちらは無償で使えるのは個人利用に限られます。

一方、VMware Workstation はプロプライエタリ・ソフトウェアです。機能を限定した VMware Player だけ無償で使うことができます。商用利用するには WMware Workstation を購入する必要があります。

対応OSとハードウェア

VirtualBox は Linux において基本的にほとんどのディストリビューションのパッケージマネージャでもインストール可能です。Windows 、Mac でも同様にパッケージが用意されており、公式ホームページからダウンロードして簡単にインストールすることができます。

さらに VirtualBox はソフトウェアレンダリングでの仮想化が可能なので、仮想化技術を搭載していない古いCPUでも動作が可能です。VMware は UEFI BIOS でCPUの仮想化機能を無効にしたままだと動作自体しません。

ASUS UEFI BIOS Utility AMD SVM(AMD-V)

VMware Player のインストールも至って単純ですが、 Linux においてはディストリビューションによってうまく動作しないことがあります。よくメンテナンスがされているメジャーなディストリビューションではあまりないことですが Solaris などの VMware Player のインストールなどを想定していないであろう OS だと少々手こずることがあります。また macOS では VMware Player はなく、 有償の VMware Fusion を買う必要があります。

VMWare Player はハードウェアレンダリングのみに対応しています。 Intel VT-x や AMD-V といった技術が含まれていない CPU では動作しません。

機能比較

VirtualBox は使えるオプションの数は素晴らしいです。

リモートでブラウザから仮想マシンを操作できる phpVirtualbox 、仮想マシンの状態をすばやく保存できるスナップショット機能、iSCSI, NFS, SMB プロトコルのネットワークストレージへのアクセスなど無料のソフトウェアとは思えないほど多機能です。

VirtualBox は VMWare Player よりも多様なハードウェアを仮想化してくれるので、ソフトウェア開発の場でもハードの相性問題などをチェックする際にも十分に使えると思います。大体想定しうる環境を再現してくれます。

一方で VMware Player はこれに比べて限定的と言わざる得ません。

パフォーマンス

実際仮想PCを使っていてどちらがより快適に動作するのかについてですが、 VMWare Player の方が VirtualBox に比べ、優れています。というのはひとえに VMware Player が扱えるグラフィックメモリの容量が 3GB と VirtualBox よりも圧倒的に多いのです。更に VMWare Player は DirectX 10 と OpenGL 3.3 に対応しています。

VMware Player の 3Dグラフィカル設定

一方、 VirtualBox はビデオメモリの容量は 256MB までしか使えません。しかも DirectX 9 と OpenGL 3 という旧式の API しか対応していません。

このようにだいぶグラフィック性能が違うので、エフェクトが多い重たいデスクトップ環境だと動作のスムーズさが明らかに違います。

VMware Player ですと搭載しているグラフィックカードにもよりますが、軽いゲームならば割と余裕で動作します。

開発者向けのツール

VirtualBox はオープンソースソフトウェアであることから、VirualBox に関する多くの開発ツールを公開しています。 興味がある方は VirtualBox SDK をダウンロードしてみるのもいいかと思います。

VMware もEclipse などに向けてプラグインを公開しており、開発者向けの API や SDK 、テストツールの配布などを行っています。さらに VMware は VMware Studio という仮想アプリを作成するツールも配布しています。

まとめ

もしサーバ上で仮想マシンを動かしたい場合は、ブラウザやネットを介した管理が可能な VirtualBox になります。また古い PC で仮想マシンを動かしたい場合は多くのハードに対応し、 ソフトウェアレンダリングも行える VirtualBox がおすすめです。

3D グラフィックに依存するソフトウェアを仮想マシンで動かしたい場合、仮想PC上でゲームを動かしたいという変わった方には VMware Player をおすすめします。

総合的に見て VirtualBox で満足できる方が多いのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました