LinuxでAPEX LEGENDSが遊べるぞ!

Linux
この記事は約2分で読めます。

まえがき

ValveのSteam DeckがリリースされたことによりLinuxのゲーミング環境がガラリと変わりつつある。Steam DeckにはArch Linuxを改造したオペレーティング・システムが搭載されており、Valveが強力に開発を推し進めている。

その成果の一つが多くのオンライン対戦ゲームに実装されている不正対策プログラムがLinux上で動くようになったことだ。正確には不正対策プログラムがWine/Protonという互換レイヤーに対応したことでLinuxで遊べるWindows専用のオンライン対戦ゲームが急激に増えてきた。

そして今月(2022年3月)始めからおそらく日本で一番人気のオンライン対戦FPSであるAPEX LEGENDSがLinux/Protonで遊べるようになった。まだElectronic Arts社からのアナウンスはないが、ゲームが保存されているディレクトリに「easyanticheat_x64.so」という見慣れないライブラリが追加された。おそらくテスト段階なのだろう。

テストした環境はArch Linux、Linux 5.16.12、GNOME 41.3、Wayland。

Protonの設定方法

SteamでProtonを有効化する方法は簡単。

Steam >> 設定 >> Steam Play の設定項目から「サポートされたタイトルでSteam Playを有効化」「他のすべてのタイトルでSteam Playを有効化」にチェック。

「他のタイトルに使用するツール」を「Proton Experimental」に設定し、「OK」を押下すれば完了。

あとはゲームをインストールするだけ。なるべく最新のグラフィックドライバを使ったほうが動作が安定する。

プレイボタンを押してからVulkanシェーダーが最適化されるまで数分かかるのでお茶でも入れて待とう。APEX自体比較的軽量なゲームなのであまり高性能なPC構成でなくても実際のプレイは軽快だ。

オンライン対戦ゲームのLinuxへの対応は去年までは行き詰まっていたがValveのおかげでブレイクスルーが起きたと言っても過言ではない。

今後のLinuxゲーミングの進化に目が離せない。

created by Rinker
Logicool G(ロジクール G)

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました