Linuxデスクトップはなぜ流行らないのか

Linux
この記事は約12分で読めます。

サーバーに搭載されているオペレーティング・システムでトップのシェアを誇り、世界中で動いているスーパーコンピュータのトップ500のすべてに何らかの種類のLinuxが稼働しています。

Linuxはその柔軟性の高さからロボット、テレビ、車、はては人工衛星にも搭載されています。スマートフォンではLinuxをベースとしたAndroid OSが70%以上のマーケット・シェアを獲得しています。

こうみると一見死角なしに見えるLinuxですがデスクトップ、ノートPCでのシェアは登場以来2%の壁を超えられず、ずっと低空飛行のままです。

なぜデスクトップLinuxは流行らないのか。

このお題はちょくちょくLinux界隈で議題に登り、熱心に議論されてはきました。しかし一向にこの状況が改善されません。そこで自分なりにその原因と思われるものを分解して分析、書き起こしてみました。断定口調で書いてしまっているところもありますが多分に私見を含んでいるので話半分に読んでいただけると幸いです。

Linuxデスクトップには強力なメリットがない

一般的なPCユーザの視点に立ち返ったとき、Linuxデスクトップにはユーザを強烈に惹きつける強みというのがないことに気づきました。

LinuxをデスクトップPCで使う強みと言ったら、プライバシー、セキュリティ、カスタマイゼーション…

プライバシーはFaceBookなんてものが世界最大のSNSになっているところを見れば大半の人は自分の個人情報がどう扱われようが興味ないのでしよう。悪いことさえしてなければ大丈夫なんて感覚だと思います。

セキュリティについてもPCに疎い人ほど自分はウィルスに罹患しないと思っているものです。

カスタマイズ性についてはむしろない方が良いと考える人が多いと思います。iPhoneやAppleエコシステムが流行ったのもギチギチに束縛されていても選択肢がないほうが快適だと考える人が多いからでしよう。

コマンド入力のイメージがいまだ根強い

現在の多くのLinuxディストリビューションはコマンドに一切触れることなく使い続けられることが出来ます。

さらにLinuxには素晴らしいデスクトップ環境がたくさんあります。KDE、GNOME、MATEやXfceなど使い勝手やインターフェイスが全く違うコンセプトから作られた魅力的なデスクトップがあるにも関わらずなぜそれが伝わらないのか。

それにはコマンド入力、ターミナルを使いこなせなければLinuxを扱えないという思い込みやイメージがいまだに払拭出来ていないからだと思われます。Linuxデスクトップの使い方をもっと一般の方にわかりやすく伝える試みがあまりにも少なかったのが原因でしよう。

メーカー製PCにプリインストールされていない

Linuxがプリインストールされたメーカー製PCがほとんどないので一般の方がLinuxという選択肢があるということを認知できていないと思います。

いくら今使っているPCがWindows(ブロートウェアだらけの情けないOS)を搭載していても、それを自分で変えようという人はおそらく読者様の予想する以上に少ないです。OSを入れ替えるという発想や情報にたどり着けるのはほんの一部の人だけではないでしようか。

自力でなにかを調べたり追求することを嫌う人は案外多いです。PCがウィルスまみれになって動作が重くなったり、怪しい広告が頻繁にポップアップするにもかかわらずそのまま使っている人はたくさんいます。

サポートを受けられない

Windowsでも困ったことがあってPCメーカーに問い合わせても何かしらのサポートを受けられる可能性は低いですが、少なくとも怒鳴りつけられる窓口がたくさんあるのは精神的な安心材料になります。

英語圏ではLenovoなどいくつかの企業がLinux向けノートPCを販売しているようですが、注文から出荷まで何ヶ月もかかりサポートもひどいという感想を多く聞きます。

さまざまな業界標準のアプリケーションが非対応

これはLinuxに移行したいと思っている人が断念してしまう理由ですが業務に不可欠なソフトウェアがLinuxに非対応というのが上位に挙げられるのではないかと思います。Linuxデスクトップが趣味人のためのOSと一部で揶揄されるのはこれが大きいのではないかと思います。

オープンソース化やサブスクリプションサービスが増えてきたとは言え、Linuxに対応していないソフトウェアはいくつかあります。それが古くから様々な業界のスタンダードなソフトウェアになってしまっているということがままあります。そしてこれは「Microsoft Office」と「Adobe Creative Cloud」のせいだと8割方断言できます。

Linuxにも代わりとなるソフトウェアは存在します。Microsoft Officeならば「LibreOffice」や「WPS Office」など。Adobe Photoshopならば「GIMP」などありますがワークフローが若干違ったりはっきり言って性能が低かったりします。マクロが多様されていたり複雑な図形を使用して編集されたMicrosoft Officeのドキュメント・ファイルのフォーマットを完全再現できるオフィス・スイートは存在しません。GIMPの電子切り抜きツールはCorel Photo PaintやAdobe Photoshopのオブジェクト選択ツールよりもかなり精度が劣りますし、アップスケーラーなども標準搭載されていません。個々に優秀なツールは存在するのですが統合的な環境がないのがおしいところ。

3D業界でプロプライエタリ(有償)・ソフトウェアを切っては投げてるBlenderのようにOfficeやPhotoshopを超えるオープンソース・ソフトウェアが登場し、スタンダードになることを祈るばかりです。しかし、オフィススイートの開発は退屈な上に非常に専門的な知識と膨大な時間を必要とするので開発プロジェクトが頓挫する危険性が大きいです。実際、LibreOfficeの前身であるOpenOfficeの開発は停滞していました。Linuxのシェアが伸びてMS OfficeやPhotoshopがLinuxにポートされるのを待つ方が現実的かもしれません。

(またStadiaやGeForce NOWなどのようなブラウザを介してクラウドサーバで演算処理を行うゲーミングも登場してきているので、ブラウザでの動画編集、画像編集するサービスなども登場してくる可能性もあると思います。)

この点、macOSがウェブデベロッパーやクリエイターに人気なのも理解できます。POSIX(Portable Operating System Interface for UNIX)を踏まえているUNIX互換環境でなおかつ、MS OfficeやAdobe関連のツールが使えるのです。金を払うだけでほぼ特別な設定なしで使えてしまうため教育機関でも使いやすいです。これからWebプログラミングをやりたくてお金に余裕がある子になら私もMacBook Proを勧めてしまいます。

人気のオンラインゲームがプレイできない

Valveの努力によりSteam経由でできるLinux対応ゲームはかなり増えました。さらにProtonの発表によりその数がうなぎのぼりに増えました。ネット接続が必要のないゲームでしたらたいていは動くような段階まできています。数年前と比べたら大きすぎる進歩です。

ACE COMBAT、SEKIRO、WITCHER、GTA V、HITMANやSKYRIMなど、オンライン対戦を必要としない有名所のゲームも快適に動かすことができます。

Protondb Protonでプレイできるゲームが 15000 タイトルを超えた

しかし、現在でもチート対策を施したゲームはLinuxで動かないことが多いです。それどころかゲーム製作会社がWine経由でプレイしていたユーザのアカウントを凍結(BAN)するという事件もたびたび起こっています。

PUBG、Apex、FORTNITE、Overwatch、Battlefield…など。いずれもLinux上では動かない、あるいは動かしたらBANされるビッグタイトルのオンライン対戦ゲームです。

Wine DXVKのオブジェクト描写の仕方が DirectX本家と比べほんのすこし違います。それをチートをみなされてしまうではないか、という分析が有志の間でなされています。実際WineでプレイするのとWindows上でプレイするのとでは若干のテクスチャの違いを感じます。

RTFM

Linuxの各フォーラムでは少しずつですが人口も増えて親切な人が質問に答えてくれることが多くなってきました。ですが基本的にはまずはRTFM(Read The F○ck’in Manual、マニュアルを読みやがれ)、という大前提が存在します。

後述しますがLinuxコミュニティにはニッチで一部のコンピュータ・エリートの間でだけ使われてれば良いと考えるユーザは少なくありません。Linuxコミュニティは決して排他的ではないですが最低限のGoogle検索くらいしない学習意欲がない人には冷たいです。来るもの拒まず、去る者は追わずといった感じです。

Linuxユーザも特段普及を望んでない

これには異論がある人もいると思いますが私の感触としてはLinuxユーザはデスクトップとしてのLinuxが流行って欲しいと思っている人はあまり多くないように感じます。それも長年Linuxをつかっている人ほどこの傾向が強い。少なくともWindowsに取って代わるようなことは望んでない人が大半だと感じます。そしてこういう姿勢の人が少なからずいるのが普及の妨げになっている可能性があります。

OSのシェアが拡大したらウィルスの標的になりやすくなってしまう、という真っ当な理由の人もいると思います。しかしこじれたエリーティズムみたいなものが一部で蔓延しているように感じます。

一Linuxユーザとしてこういった考え方を持っている方は考え直してほしいものです。OSSは多くのユーザやデベロッパーに使われるほど洗練されていくものです。 Linuxカーネルそのものが好例でしよう。そしてあるソフトウェアにセキュリティ上の問題が発生した場合、ディストリビューション側が即座にコードを変更して対応できるのがLinuxの強みです。ユーザが増えていくことを恐れる必要はないと思います。

番外編:歴史:最大のチャンスを逃す

Linuxデスクトップのシェアを拡大する最大のチャンスはWindows Vistaが登場したときでした。ちょうど2006年〜2009年ごろWindows 7が発売するまでWindowsユーザはさんざんな思いをしてきたのではないかと思います。そのころXPに変わるOSを探す動きも活発化していて出版社やネットメディアは盛んにLinuxへの移行を促す記事を載せていました。私もちょうどこの時期にLinuxへ移行した口です。

しかし当時のLinuxディストリビューションはデスクトップ用途としてあまり洗練されているものがなく、Fedora、CentOS、OpenSUSEなどの主要ディストリビューションはプロユース版、サーバ向けのオペレーティング・システムのテストベッドといった位置づけのディストリビューションが多かったのです。唯一まともにLinux初心者が使えるデスクトップユーザ向けのディストリビューションはUbuntuだけでした。

Linuxのデスクトップ環境の歴史もWindowsのそれよりも浅いです。KDEの初版がリリースされたのは1998年、GNOMEは1999年です。Windowsのそれよりも10年くらい短いと見て良いでしよう。

KDEとGNOMEの二大巨頭が現れてから超新星爆発の如くLinuxディストリビューションは増えました。

このためLinuxカーネルとその周辺のプロセスは堅牢でしたがインストーラはバグだらけだったり、ことDEにおいてはWindows OSのそれと同等以下の安定性でした。一番安定した環境を提供しているDebianもインストールがちょっとハードルが高かった記憶があります。

昔はDebianのインストールが難しかったと話すLinus氏

GPUドライバのインストールをグラフィカルインターフェイスで補助してくれていたのはUbuntuくらいなものでした。今ではハードウェア・ベンダーもLinuxを重要なマーケットと捉えてドライバのサポートを積極的にする企業が増えましたが、当時は無線LAN、プリンタやちょっと特殊な周辺機器がLinuxでは動かないのはあたりまえだったのです。

私もNECのノートPCにFedoraやSUSE、Ubuntuをインストールしようと色々試しました。特に大変だったのはNVIDIAドライバのインストールから設定するまででFedoraではインストール中画面が真っ暗になってしまいました。

まずインストールできるディストリを探すのが大変だった覚えがあります。このため、Linuxをインストールできただけで満足してしまうという人も少なからずいたのではないでしようか。このころの苦い経験をまだ引きずっている人も多いと思います。

2009年になるとWindows 7が発売され、その後はSSD(ソリッドステートドライブ)がPCに標準搭載されるようになり、ハードウェアの性能が飛躍的に進歩しました。進化と言っても良いでしょう。Windows OSのような肥満体のオペレーティング・システムでも一般的な用途ならばストレスを感じることが少なくなりました。今までよりもたくさん食べるけど体が筋肉モリモリになったため基礎代謝が上がって健康体になったようなものです。このとき一般的なPCユーザがLinuxデスクトップに乗り換える一番の理由が失われてしまったのではないかと思います。

現在のようにもう少しLinuxのデスクトップ環境が成熟していれば多くの人を引き止めることができたのかもしれません。タイミングが悪かったと言わざる得ません。

2020年以降の予想

デベロッパーの努力によりGNOME ShellやPlasmaなど、Linuxのデスクトップ環境は10年前と比べると考えられないほど安定し、高速化してきました。批判する人も多いですがGNOMEは操作性をより単純にする方向にフォーカスし、誰でも簡単に扱えるようになったと思います。KDE Plasmaもモバイルやタブレットを意識した設計を取り入れています。

ディストリビューションも新規獲得を目指しているのか格段にユーザフレンドリーになりました。なので10年前よりもLinuxデスクトップを導入するハードルもかなり下がっています。Microsoftが大ぽかしない限りいきなりシェアが激増するということはないと思いますが、この調子で毎年0.x%の伸びを維持するのではないかと思います。

PC向けARMプロセッサの台頭

ノートPCプロセッサをx86からARMベースのチップに変えるという動きが活発化しています。MicrosoftはQualcommと提携し熱心にWindows向けのSnapdragonを開発していますし、AppleもMacBookのコア・アーキテクチャをARMにする発表をしています。

希望的な観測ですがこの動きが拡大すればChromeOSやLinuxのシェア拡大を期待できるのではないかと思います。Microsoftは今まで築いてきたx86ソフトウェア資産をARM64へ移行させようとしていますが、他のソフトウェア・ベンダーとの足並みがあまりそろっていないようです。

今後、高性能なPC向けのARMプロセッサが大量に出荷されるようになり賢いPCメーカーがLinux入りで売り出せば”そこそこ”売れるのではないかと思います。

さらにスマートフォンのセキュリティについて気にする人が少しずつですが増えています。去年もLibrem 5やPinePhoneなどが発表されました。純Linuxがインストールされたスマートフォンのシェアも少しずつですが増えていく予感がします。

おわり

コメント

  1. 匿名 より:

    私は10年以上メインマシンにUbuntuを使っていますが、おっしゃる通りだと思います。プリインストールしたWindowsからリプレイスするほどのメリットは無いです。普通の人はWindowsで十分なんですよね。

    AndroidやChromeOSによって、大局的な観点から言えばLinuxはカーネルとして「家庭のコンピューター環境」には普及してきているので、クラウドアプリの利用によるOSの縛りが減っていることも含め、そうした部分を風穴に、少しでも広がってくれればなぁと願うばかりです。

  2.  椿 より:

    正直Windowsで十分なんですよね
    パソコン操作するには
    というかデファクトスタンダードソフトウェアがLinuxになると途端にできないになるため使う理由が見当たらない
    逆にサーバ用途やスマフォ市場だとトップを誇り現役です
    ネタOSでスマートフォンでUbuntuが動くのもありますがぶっちゃけてandroidもLinuxなためわざわざ入れ替える必要性が見当たらない
    変わるのは見た目だけ骨幹的な部分は変わらない

  3. Histone より:

    楽しく読ませて頂いている者です。まず、良い記事を沢山提供してくださっている事に感謝します。

    20年近くMac・Windows・Linux三股ユーザーをやってきた私もOSに関して少しは語る権利があると思いコメントさせていただきます。「概ね仰るとおり」です。

    ただ、ChromeOSのmacOSシェア超え、M1 Macの登場、スマホ・タブレットというディバイスの多様化、NVIDIAまでが参入してきたARM CPUの台頭により、新たな「シフト」が起こっているのも感じもします。Linuxは今が面白いです。

    「強力なメリット」に関して

    何を「強力なメリット」と定義するかによって変わると思います。従来の「コンピューティングを見る視点」を「OS視点」から「アプリ視点」に変えるとまるで違って見えます。

    私はBlenderとZBrushなどの3DCGアプリをメインの目的としてPCを使っています。Mac・Windows・Linuxと3つのOSでこの2つのアプリを使ってきた結果、Linux(Pop!_OS)に行き着きました。

    特にBlenderのパフォーマンスを最大に引き出そうとするとLinuxがベストという結論に至りました。その理由については以下に記事を書きました。

    https://note.com/histone/n/nd9baa9cebe8b

    アプリ目線で見て、どれが一番生産性が高いのか、使っていて最もストレスがないのか、ユーザーが自分の用途にベストマッチなOSは何かを、「慣れているから」とか「シェアが云々」というバイアス抜きに真剣に考えてLinuxを選ぶという人達が増えてくることを願っています。

  4. 匿名 より:

    > Linuxユーザも特段普及を望んでない

    これが全てじゃないですかね。
    自由にカスタマイズできるというのは非常にニッチな需要でしかありません。むしろ大衆化の為には大きくカスタマイズ性を制限する必要があります。電子レンジや洗濯機を改造したがる人は滅多にいないし、下手に改造できない方がうっかり壊す心配がなく大衆に受け入れられ易くなります。それと同じことです。
    いっそWindowsのGUIで可能な範囲の設定変更ですら不要、いっそ邪魔だと考えるユーザーが大半でしょう。

    従って、もしLinuxデスクトップを大衆に流行らせたいなら、まずカスタマイズ性を大きく制限したパッケージ商品化することが何よりも必要です。しかしそれはパッケージ化のコストがそのまま販売価格に跳ね返ることも含め、今のWindowsと何ら変わらないものとなるでしょう。

    > 特定の集団、特定の戦略、特定のソフトウェア、特定のデザインシステムの元でOSを作り始めたら間違いなくこの自由は失われます。自由がなくなったときにLinuxは終焉を迎えます。

    仮にそのようなパッケージLinuxが流行ったとしても、現在のLinuxユーザーは近づこうとしない、もしくはLinuxの自由が失われたと判断して新たな自由の世界を生み出すことになるでしょう。
    結局、それはOSの名称が変わっただけで現在の状態と何も変わりはしないのです。

タイトルとURLをコピーしました