Linuxで遊べるVulkan APIなゲーム(2018. 4)

今現在(2018年4月)、 Linux で遊べる Vulkan API で開発・移植されたゲームたち。

本稿は、 Vulkan API の普及を応援するために書いた。

Vulkan で開発されたからと言って必ずしも最新の OpenGL にパフォーマンスが大幅に勝っているとは限らないことを留意してほしい。特に Windows に最適化されたゲームが多く、 ポート(移植)されたものはどうしても性能が落ちてしまうのが普通である。

現段階で Vulkan ネイティブかつ Linux に対応したものは皆無。

Vulkan 自体まだまだ発展途上な API なのでシェーダー周りやドライバなどがまだ未熟でゲームデベロッパーも足を踏み出せないのもある。

なにより、Vulkan や DX12 のような低オーバーヘッド API はコードが複雑になりやすく、開発者の腕がモロにパフォーマンスに影響する。

いずれも Steam で入手できるのでタイトルで検索してほしい。

※まだ編集中の記事です。


Quake

みんな大好き Quake !元祖 マルチプレイFPSと言っても良いのかわからないけど、96年から続く歴史の長いゲーム。こちらはVulkanネイティブかはわからないが、OpenGLに比べ、平均して100fps ほど高い。


Dota 2

Steam を運営している Valve 自らが制作した MOBA 。Valve が Vulkan プロジェクトに出資したり、  Linux 界隈にもかなりの貢献をしてきてくれた。 Linux ゲーミングをここまでのレベルまでにお仕上げてくれたのは間違いなく Valve のおかげだ。

その Valve らしく、OpenGL と Vulkan でも安定した性能を出している。

無料で遊べて課金要素もキャラ装飾がほとんどので取っつきやすい。他の MOBA よりもゲーム人口が多く eSports 大会も行われ、 22億円という超高額な賞金も贈呈されたことがある。
ただ LOL などと比べ、チーム戦が主なのでそれが楽しめない人には向かない。


The Talos Principle

一人称視点の一風変わったパズルゲーム。

開発元の Croteam が移植した。 ほぼ OpenGL と性能が変わらない。


F1 2017

言わずと知れた名作 F1 レーシングゲーム。

制作は Codemasters だが、 Linux へのポートは Feral が担当している。

Windows DirectX 11 からの移植にもかかわらず、Vulkan 版でもかなりパフォーマンスを発揮している。

Feral Interactive の Linux 移植ゲームはどれもかなりクォリティが高いのでオススメ。

Feral’s Interactive | Linux games


Mad Max

Avalanche Studios 制作のアクションアドベンチャーゲーム。こちらも Linux への移植は Feral が担当したビッグタイトル。Vulkan 版のものがかなりのパフォーマンスを発揮。


Ballistic Overkill vulkan

自社ポートなのかわからないが、最適化が甘く、カクカクになっているのがわかる。後に Vulkan 版は維持管理が難しいとしてベータ版で開発は中止された。


Serious Sam

大火力でモンスターを薙ぎ倒す FPS ゲーム。DOOM のオマージュではあるが、モンスターがどこかシュールで笑いを誘う。 Linux で DOOM やりたければ代わりにこれをやると良い。


Warhammer 40,000: Dawn of War III

こちらも Feral が移植。


Rise of theTomb Raider

Feral が移植。こちらは DX12 と Vulkan の比較動画。Windows 版とは 20fps ほど低い結果。


Geocore


Feral の技術力がよく分かる調査結果となった。Feral は Vulkan API でなくとも優秀なポートを数多く行っているので

 

こちらの記事もどうぞ

Linux で War Thunder Vulkan 版を試す 現在の War Thunder の Linux クライアントはひどい有様だ。Gaijin からはいつ改善するのか相変わらず何も告知はない。 私は諦めて Windows でプレイしてしまっているが、水面下で Vulkan API での開発がゆっくりではあるが進めており、試すことができるようだ。 ...
Arch Linux をメインPCの OS にと考えてる人へ... 約5年間 Arch Linux をメインPCに入れて生活をともにしてきたが、しんどくなってきたので Manjaro Linux に移行した。そのときに思ったこと。 Linux いじりにどっぷりハマっていて、手間暇トラブルどんとこいな人ならば関係のない話。 ■疲れるディストリビューショ...
WSLとマイクロソフトの狙い 2016年春、マイクロソフトは WSL(Windows Subsystem for Linux)という  Linux 互換レイヤーを発表した。 もうとっくの昔に誰かが言ってるかもしれないし、多分何番煎じかわからない話題だろうけど、WSL(Windows Subsystem for Li...
Linux – ゴミ箱を直す方法 Photo by Steve Johnson Manjaro Linux をインストールしたあとに何故かゴミ箱が使えなかった。ここではゴミ箱の復活方法のメモを掲載。 ゴミ箱のディレクトリを作る ゴミ箱に相当するディレクトリは一般的には ホームディレクトリの ~/.local...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。