DREVO Tyrfing メカニカルキーボード、レビュー

ハードウェア
この記事は約4分で読めます。
ADVERTISEMENT

かねてより買いたいと思っていたメカニカルキーボードを購入。

ここ数年、格安のテンキーレス・メカニカル・キーボードがAmazonなどで出回ってきたため手に入れる機会を伺っていたが、なかなか機能とデザインが満足の行く商品がなかった。そんな中見つけたのがこれ


DREVO 87−Key Wired Backlit Mechanical Gaming KeyboardAmazonへ


このデザインでわずか4000円ちょっとで買える赤軸があるのだ。テンキーがついておらず、リストレストの類も全くないので、かなり省スペース。青、赤、茶、黒の4種類から選べる。現在なぜか茶軸だけ2,0000円を超えるという異常な値上がりをしている。

※留意:本品はUS配列なのでJIS配列とは若干異なる。

青軸なら2000円台でもそこらにたくさん転がっているが赤軸は低価格で良いものはなかなかない。唯一「LEOBOG」というメーカーが出しているものがあったが、同時押しできないキーがいくつもあるキーロールオーバー非対応のキーボードだった。ゲームもするので即対象から外れた。それでも良いという人はこの↓キーボードが非常にリーズナブル。ただちょっと掃除しにくそうではある。

赤軸を選んだのは青軸のような「カチカチ」といったクリック感はないけれど、そのぶん音も小さく、「スコスコ」と非常に軽快なうち心地だったからだ。打鍵感はメンブレンの上位互換と言った感じ。

青軸の打鍵感のほうが確かに上だけれど、キーの押し下げ圧が強すぎるように感じた。赤軸なら長時間のタイピングでもあまり疲れなさそうだ。


開封

ゲーミングキーボードの割にはおとなしいデザインの箱

内容物は、本体、マニュアル、サービスカード、キープラー、シール

スペック表

大きさ354mm X 130mm X 39mm
重さ760g ± 20g
コードの長さ180cm ± 2cm
キーキャップの素材二色成型 ABS
対応OSWin 2000~10、Mac OS
インターフェイスUSB
スイッチブランドOutemu
機能N-key rollover (NKRO)

キープラーがついてきた

キーキャップもちゃんと二色成型なので刻印が消えるということはない。さらに油を弾く加工がされているそうだ。ただキャップの側面が薄いので耐久性はどんなものかは気になる。手で乱暴に取り外したら割れそうだ。

Cherry MXクローンである、Outemuスイッチ

天板はアルミ製なので安っぽさは感じない。

底板はプラスチック製、大きめのラバーがいくつもついてるので安定している。

装飾はスペース・キーのロゴのみ。低価格ゲーミングキーボードにありがちなダサいデカ文字や過剰な飾りはない。至ってシンプル。

ケーブルは一見着脱可能に見えるけど、取り外し不可。

ケーブルの外皮はナイロンメッシュかなんか。普通のケーブルより耐久性がありそう。

バックライト付き。いくつも光るパターンが用意されているけど多分あんま使わない。白単色。


感想

その手のマニアにはぶっ叩かれそうな感想だが、店頭で触った赤軸 CHERRY MX とあまり変わらなかった。ただ、基盤を支えている部分がプラスチックのためか、赤軸の割に若干音が大きく感じる。まあ Outemu スイッチ自体が Cherry よりも大きな音を出すからってのもあるかもだけど。あとシフトやエンターキーなど、他の高価格帯メカニカルよりもガタつく感じがするのと、非常に小さいが金属の反響音みたいのが聞こえる。気になる人は買わないほうが良い。

ケーブルは耐久性がありそうだし、低価格帯のボードには珍しく、裏に結構大きめのゴムパッドが取り付けてある。このため、つるつるした机の上で使っていてもズレる心配はないと思う。

総合的に見てメカニカルキーボードの入門機としては大変良い商品なのではないか。青軸にしろ、下手な格安ボードを買うよりも、ちょっと奮発してこちらを買ったほうが満足度は高いと思う。




コメント

タイトルとURLをコピーしました