Qisan Magicforce smart メカニカル・キーボード レビュー


Qisan Magicforce smart 68 Keys Mini Mechanical Keyboard

Amazonへ


このキーボードは Amazon でも割とすぐに売り切れてしまうほど人気がある。

コストパフォーマンスが良いメカニカルキーボードとして他の格安中華製メカニカルが大量流通する前から国内外のマニアの間では有名なようだ。

当方が購入したものは Outemu 青軸、バックライトなし、銀筐体

他にも赤軸、黒軸、白軸などたくさんバリエーションがあるが、売り場によって品がなかったりするので、ほしい種類を買うには辛抱強く待つか探す必要がある。

 

開封


HPは設けてないようで、スペックはパッケージの帯にしか書いてない。ちなみに帯に書かれているサイトにアクセスしても何も表示されない。

www.handmon.com

同梱物は 本体、 USB to Mini USB B ケーブル、キープラー、説明書。

説明書は中文と英文のみ。

プラスチック製のキープラーが付属しているが、これは使わない方が良い。色が黒いため白いキーキャップに色が付着してしまう可能性がある。……当方も開封直後にさっそくスペース・キーに黒いひっかき傷を作ってしまった。

箱には緩衝材がまったくないので到着したら壊れてないかすぐに動作確認した方が良いだろう。

テンキーなしのUS配列でも更にファンクションキーとプリントスクリーン、スクリーンロック、ポーズ、ホーム、エンドを削っている。

フローティングキーデザインと言って筐体部分からキースイッチが暴露しているしているタイプ。このため、非常に掃除がしやすい。

キートップはレーザー刻印されているので消える心配はなさそうだ。

フローティングタイプはパームレストがないと手の位置が高くなりすぎて打ちにくくなりがちだが、これは筐体がそこまで厚くないので比較的打ちやすい。

筐体の底板はおそらくABSで、天板はアルミニウム。Drevo のように金属の反響音みたいのは聞こえないので、おそらく強度も十分だろう。分解動画も見たがちゃんと縦補強がしてあった。

 

キーの同時認識だが、Nロールキーオーバーではなく、最大6キーまでのようだ。これでゲームをやっていたが問題なくプレイできた。

ケーブルにはちゃんとフェライトがついている。

ケーブルは着脱可能だが、設計が古いためかキーボードとの接続部がなんと Mini USB B だ。HTC Magic を使っていたとき以来お目にかかっていない。おしゃれなケーブルに変えたくても入手が困難かもしれない。

裏のゴムパッドは割としっかりしている。LEOBOG K21は滑り止めシートを敷かなければ動き回ってしまったが、こちらはズレることはほとんどない。

 

今回は CherryMX クローンの Outemu のブルースイッチを選択。他にも GATERON 製のものや本家 CherryMX を搭載したモデルがあるが、かなり価格が高くなってしまうので数1000円ケチるよりも他のもっと良い筐体を買った方が良いだろう。

装飾は「Magicforce」の文字のみ。

感想


使ってみた感想だが、質感は他の格安メカニカルキーボードとは一線を画している。キーのガタツキも少ない。Drevo、LEOBOG K21 とこれ、3台も格安メカニカルを買ってしまっているが、一番プレミアム感があり、使っていて満足感がある。

キー配列に関してはファンクションキーがないことに若干苦労したが、 メカニカルにハマる前は Happy Hacking Keyboard Lite 2 を使っていたこともあり、すぐに慣れた。キーが少ないだけで配列自体はほぼUS配列そのままだから使いやすい。デスクスペースの専有率が少ないので気に入っている。こういう配列のキーボードがもっと流行っても良いと思う。省スペースキーボードで変なキー配列に拘っているELECOMにも見習ってほしいくらいだ。

バックライトなしのモデルを買ったのは正解だった。バックライトがついているモデルはキーは2色成形だが、このキーフォントがゲーミングを意識しすぎててダサい。

余談


ここからはキースイッチの好みの問題。

赤軸に慣れてしまうと思ったよりも青軸の音がデカくて今後も長期間使うかどうかちょっとわからない。それと結構押し下圧が必要なので疲れる。この辺慣れだと思うが長文のタイピングには向いていない。

でもゲームをしているときはクリックの確かな感触と音が非常に心地良い。赤軸だとクリック感がほとんどないのでゲームをしていると必要以上に力が入ってしまうが、青軸だとそれが少ない。ゲーミングキーボードにブルースイッチが多く採用している理由がよくわかった。


 


 

こちらの記事もどうぞ

100円ショップで買ってよかったもの、失敗だったもの... 当方が100円ショップで買ってよかったもの失敗したものをご紹介するページ。順次追加予定。 買ってよかったもの Seria 結束用 面テープ スマホやノートPCのケーブルをまとめるために購入。結束を解いてもケーブルから外れないようにできるので携帯に便利。 ...
Anker 24W 2ポート USB 充電器 レビュー 充電器は純正のものを使うのが理想だが、喫茶店や外泊先でコンセントが1つしかなかったり、2つあるけど片方はノートPCでふさがっていてもう1つの機器を充電できないときがある。そういうときのために2つUSBポートがある充電器が便利なのでこちらの商品を購入した。 Amazon で一番売れてるやつ。 Q...
ORICO 2.5インチ SATA USB3.0 HDDクリアケース – レビュー... ノートPCを SSD に換装したついでに取り外した HDD 2.5 をポータブルドライブとして活用することにした。そこで HDD ケース やコネクタが必要になってくる。 透明なケースと工具なしで取り替えできる、USB 3.0 以上というのが条件でこちらのケースがヒットした。 ...
LinuxでUS配列キーボードとMozcを使う US 配列のキーボードで日本語入力できるように Mozc の設定。 最初は Fcitx を弄くりまわしたり、IBus に手を出したり迷走したけれど、やり方はものすごく簡単だった。 設定方法 それぞれのデスクトップ環境の通知領域にあるアイコンを右クリックし、Mozc の設...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。