[Linux] グラフィカルな Nvidia GPU 用オーバークロックツール「Nvidiux」

Nvidiux


Nvidiux は Python で作られた Nvidia GPU 用のオーバークロック・ツールだ。

このツールは Nvidia GPU をオーバークロックするのに必要な Coolbits オプションを付加した xorg.conf ファイルを自動生成し、ユーザが設定したオプションも書き込んでくれる。

表示言語は英仏しか使えないが。開発者の第一言語がフランス語だからかところどころにフランス語が混じった英語が見られるが、問題ないくらいシンプルなツールだ。

また、おすすめはしないが PC 起動時にオーバークロックをさせることもできる。

公式サイト GitHub – Nvidiux

主な機能一覧


  • オーバークロックした設定を保存
  • GPU のクロック数やシェーダーの設定、メモリ周波数の変更
  • GPU の冷却ファン回転速度の変更
  • 電圧の変更(低電圧化は未対応)
  • gpuBoost V1 を強制的に有効化
  • 現在使っている GPU の各種パラメータやドライババージョン情報を表示
  • 変更した GPU 設定を PC 起動時に適用

Nvidia Geforce 400番代以降に対応しており、 Nvidia が公式に配布しているプロプライエタリドライバのみで機能する。

オーバークロックをするには ドライバのバージョンは 337 よりも新しいもの、高電圧化にはバージョン 346 以降が必要になる。

Nvidia 公式から配布されている Nvidia Settings tools のほうがアンダークロックなど、より突っ込んだ設定ができるが手軽にオーバークロックしたいという方には便利なツールだ。

また、使い勝手はあまりよろしくないが GPU のモニタリングをしてくれるツールがある。

スクリーンショット


初回起動時に /etc/X11 下に xorg.conf を自動生成し、再起動するよう求められる。

もしこのツールを使ってグラフィックカードが破損してしまった場合は保証の対象外になる可能性がある。またクロック数をいじるとデスクトップ環境が起動しなくなることが結構起こる。慎重に設定を変更しよう。

メイン画面

GPU モニター

 

― 終 ―

 

こちらの記事もどうぞ

Linux、Spectre V2 対応パッチをデフォルトで無効化、大幅な性能低下のため... トーバルズ氏、デフォルトでは防御機能(STIBP)を無効化すると発表 先週、休暇から復帰したリーナス・トーバルズ氏は、データ漏えいの危険性を持った脆弱性「Spectre Variant 2(スペクター2)」に対応したカーネルパッチについての見解を語り、デフォルトでは防御機能を無効化する...
AMD は Nvidia RTX に対して無力なのか 2018年10月3日 改稿:2018年10月25日 一般向けのグラフィックカード市場は Nvidia に支配されている。もはや AMD に追いつく術はない、という言説が流布されているが果たしてそうなのだろうか。今回は AMD の現状を踏まえた上で著者の希望的観測と妄想を交えて今後の Radeon...
Linux の CCCoC(行動規範)導入について... Photo by Brian McMahon on Unsplash 初稿:2018/09/29 改稿:2018/10/05 Linux に今までの Code of Conflict に取って代わって、新たに CCCoC(Code of Conduct、行動規範) が設けられた。 The...
Linux では AMD と NVIDIA どっちが良いのか 2018... 改稿 2018年10月3日 Radeon と GeForce 、Linux ではどっちが良いかという論争が度々起こる。今回は自分なりの感想を載せながらどちらが良いか比較しようと思う。ベンチマークなどは他の海外サイトがいくらでも載せてくれているので、そのリンクのみにとどめおこうと思う。 ゲーム...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。