リテンションクリップ式のCPUクーラーの楽な取り付け方

ハードウェア
この記事は約2分で読めます。
ADVERTISEMENT

Thermaltake Contac Silent 12(CL-P039-AL12BL-A)」をメインPCにインストールしたときにクリップが硬すぎてマザーボードが破損しないか心配になった。

Thermaltake「Contac Silent 12」安いが確かな静音・冷却性能
Ryzen CPU に付属してくるクーラーは非常に優秀なのだが、音と夏場の空冷性能に不安を覚えたのでサードパーティのC...

Amazonや海外のレビューでもリテンション金具が硬すぎて搭載するのに苦労するという内容の投稿を見かける。

マニュアルではマウントを取り付けてからクーラーを載せ、クリップを引っ掛ける手順だが、マウントのネジを緩めてからクリップを留めたら楽に取り付けることができた。今回その方法をご紹介。

ADVERTISEMENT

取り付け方

マウント取り付け

マウントを取り付けるときにネジ締めは3/1くらいの状態にして、マウントが動く状態にしておく。

CPUクーラーを載せる

クーラー本体を慎重に位置を確かめながら置く。赤丸の通り、ネジの締めはこの段階ではかなりゆるい状態にしておく。

クリップをマウントに引っ掛ける

クリップをマウントに引っ掛ける。このクーラーのリテンション金具がものすごく硬いのでこの状態でもマウントが限界まで持ち上がった状態になる。

ネジを締める

ネジを締めてゆく。ファンがズレないよう軽く押さえておくと良い。

対角線上のネジを締める。様子を見ながら四方バランスよく少しずつしめていく。

最後にキツめに締める。本体は結構な重量があるのでフィンがぐらつかないか少し触ってみよう。

インストール完了

外すときもこの逆の手順で少しずつ様子を見ながらマウントのネジを緩めていくと良いだろう。

今回は「Thermaltake Contac Silent 12」を搭載したが、他のクリップ式のCPUクーラーにも応用できるはずだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました