Koss Porta Pro 低価格で高音質な開放型ヘッドホン

 


Koss Porta Pro

Amazon へ



 

Koss Porta Pro は 1984年に発売、30年以上も売られているロングセラーの開放型ヘッドホンだ。発売当時からデザインは変わっていない。

国内外のオーディオマニアからも高評価で価格も安いため、いまさらながら手をつけてみることにした。

 

デザイン


70〜80年代のスパイ映画に出てきそうなデザインで賛否両論だろう。プラスチック部分などやはりチープ感が漂ってると言わざる得ない。が、不思議と惹かれるデザインである。

バリュエーションも豊富で色によってかなり印象が変わるので自分に合うものを見つけることもできると思う。

当方が購入したモデルはブラック+ナイロンケーブルだが、標準タイプはヘッドバンドは無塗装の銀で、ところどころにライトブルーが使われている。

ヘッドバンドはパッドなしの薄いスチール製のため非常に軽い。

正しい使い方としては側頭部のパッドでヘッドホン全体を支えるようにヘッドバンドの長さを調節し、装着する。らしい。耳パッドの部分はそっと耳に置く感じだ。この構造から耳への負担が軽く、長時間つけていても痛くならない。

標準でも耳パッドのあたりは優しいが「comfortZone」機構を「LIGHT」にすることで緩くすることもできる。

特に普段からメガネをかけている人には最適なヘッドフォンだ。耳周りが蒸れないため、夏場は快適。

プラグは 45° の角度になっており、壊れにくいように感じる。

折りたたみもできて付属の袋にいれることが可能。携帯性は抜群だ。

とにかく軽いので、付けてることを忘れて作業に没頭することができる。頭を強く振っても全く外れる気配がない。Porta Pro を使ったあとに他のヘッドホンを装着してみたが、側圧が強すぎると感じるようになってしまった。


小さな外見とドライバとはうらはらに大きな音が出る。よくこのヘッドホンの音を耳元で歌手が歌っているような音、と表現する人がいるが的確な表現だと感じた。音が籠もったような感じが一切しないのだ。

低音がガンガン出てパンチが効いている。かといって中音域がおそまつというわけではなく自然な感じだ。高音域は抑えめだが安いイヤホンみたいに潰れたりボケた感じではない。このため、長時間つけていても疲労を感じない音に仕上がっている。

逆に言えば、原音を忠実に聞きたい人にとっては向かない商品だ。「Pro」とついていることから、もともと業務用モニターヘッドホンだということを聞いたことがあるがそれは本当か?とちょっと疑いたくなる。どっちかといえば BOSE みたいな調整がなされている。音を楽しむための商品だと感じた。

価格


小売価格は 5000円 ほど。Amazon JPでも同じくらいの価格帯で売られているが、海外の通販サイトではもっと安く売られている。白色やケーブルがナイロンのものなど様々なバージョンが存在するので探してみてほしい。

ebay では、20〜30日ほど到着にかかるが一番安く買えると思う。パッケージなしならば 3000円以下で売られていることも多い。

ebay – KOSS Porta Pro Black/black Nylon Wire

 

まとめ


非常に軽く、装着感がよく、疲れを感じない。重低音が効いていて元気な音が出る。クラシック音楽のように音に繊細さを求めるならば期待はずれになってしまうが、ノリノリの音楽を楽しむためならば最適。

オープンエア型のため、音はダダ漏れで外では使いづらいが自宅で長時間の動画視聴、音楽を聞きながらの作業には非常に向いていると思う。ゲームをやる際にもかなり良いヘッドフォンだ。

不満な点があるとすれば、たまに金属のヘッドバンドの隙間に髪の毛が挟まってしまうことだ。

それとケーブルが短すぎる。長さが 0.7m しかないので PC につないで使う場合など、延長ケーブルが必要になってくる。

ー了ー


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。