XFCEでのウィンドウサイズ変更が鬼のように難しい

Linux
この記事は約2分で読めます。

まえがき

去年末にGNOMEからXfce4にデスクトップ環境を入れ替えてみて快適になった。GNOME Shellも成熟してきており動作にそれほど不満を感じなかった。しかしXfceに変えたら一切のラグがなく作業ができるのでちょっと感動。

ただ一点気になることはウィンドウのリサイズが鬼のように難しいことだ。

ウィンドウサイズの変更をするときウィンドウの角っちょや境界にカーソルを持っていってカーソルの表示が変わったらつまむようにしてサイズ変更するわけだけどその判定がものすごいシビア。わずか1、2ピクセルしか余裕がなく、何回もスカってしまいストレスが溜まる。

ウィンドウサイズを変えるときだけFPSゲームをやっているようなマウスさばきが要求される。こんなところでゲーム性は誰も求めていない。

カスタムテーマ問題

どうやらこの問題はGTKカスタムテーマのせいらしい。GNOMEのガイドラインに沿って作られたカスタムテーマならばこの問題は起きないがウィンドウの境界線が細く作られたテーマはリサイズ領域も狭くなってしまうことが多い。

そもそもGNOMEプロジェクトはデザインが壊れるとしてGTKカスタムテーマを公式で許可したことがなく、あくまで第三者によるハックで実現した機能だからこういうことが起こってしまうのだろう。

実際Xfceの公式テーマをいくつか試してみると使用に耐えるものはいくつかあった。しかし同封されているものはいずれも致命的にダサい。

解決策

色々調べてみたが

  • Xfce公式のダサいテーマを使う
  • ちゃんとコーディング+メンテナンスされているテーマを使う
  • ショートカットAlt右クリック
  • ウィンドウタイトル上で右クリック「サイズ変更」

この4つで対処するしかないようだ。

しばらくはAlt右クリックで我慢することにする。

おわり

コメント

  1. 通りすがり より:

    Alt + F8

タイトルとURLをコピーしました