SSD の選び方

SSDを買うときの基準など。


SSD は容量が大きいほど高性能

SSD は回転する磁気ディスクを用いるハードディスクと違い、 NAND フラッシュメモリを使う。 SSD はこの NAND フラッシュをいくつも取り付けられており、容量が増えるほどチップの数が多く搭載されている。下記の図のようにメーカーはこの半導体チップたちをコントローラを介して並列処理させるように作っている。このため同じメーカーの同じモデルでも容量が大きいほうが読み書きが早くなる。

 

容量が大きいほど書き込みが分散するので NAND の消耗が減り、ドライブの耐久性も高くなる。


記憶素子

SLC (Single Level Cell)

1つの記憶素子に1ビットのデータを格納。耐久性が非常に高いが価格も非常に高く、PC ショップではまずお目にかかれない。メカニズム事態は非常に単純でセルの ON か OFF で判断するので堅牢。後述する TLC よりも 10倍の耐久性があるとも言われている。

MLC (Multi Level Cell)

1つの記憶素子に2ビットのデータを格納する。こちらも一般向けに販売されている TLC よりも耐久性、価格ともに高い。理論上、 SLC の方が MLC に比べ信頼性が高いとされていたが、Google が公開した現実世界のデータによるとさほど違いがないとのこと。

TLC (Triple Level Cell)

1つの記憶素子に3ビットのデータを格納する。一般向け商品、安価だが耐久性はそれなり。最近は3次元構造の 3D NAND  が主流になっており、従来の平面に素子を並べただけのものと違い、縦方向に並べることで密度が向上、大容量化している。現在では64層の3D NANDが主流になっている。

ZDNet (SSD reliability int the real world: Google’s experience)

事業者以外はほぼ TLC しか選択肢がないと思う。 上記のデータが示すように MLC だからといって払ったお金に見合った性能を得られるのか疑問だ。

搭載する NAND の一部を SLC でアクセスし、キャッシュ領域を確保する(疑似)SLCキャッシュ技術の登場やコントローラの高性能化により、一般的な用途ならば TLC 採用の SSD は MLC と比べても遜色ない性能を発揮できるようになった。

このキャッシュ容量はドライブによって様々だが、 10GB〜50GB とも言われており、このキャッシュが効いている範囲ならば TLC の書き込みの遅さがカバーできる。

一般的な用途なら記憶素子についてはほぼ気にする必要はなくなってきた。


DRAM の有無

非常に安価な SSD には DRAM(キャッシュメモリ)が搭載されてないことがある。この RAM がパフォーマンスにかなり影響を与える。 RAM にはどのデータが NAND のどこに格納されているのかを記したインデックスのような利用頻度の高い情報を保持する。

このため DRAM がない場合、特にランダムリードライトのような小さいデータの頻繁なやり取りをする際の反応速度に影響が出る。その SSD に OS がインストールされている場合、目に見えて大きなパフォーマンスの低下がみられ、プチフリーズなどが起きる可能性がある。滅多に非搭載モデルはないが、念のために確認しておこう。


一番重要な数値は?

よく SSD のパッケージに最大転送速度が表記されているが、頻繁に動画を保存したり大きなデータの塊をコピーや移動するために使う場合でもなければそれはさほど重要な数値ではない。

OS をインストール、ネットサーフィン、ウィルススキャンやオフィスなど一般的な使い方をするならば、4K 性能が一番重要だ。この数値はドライブに散らばった小さなデータをやり取りをする速度を示したものだ。この数値は IOPS(Input Outs Per Second) とも表記されることがある。読み書き要求を一秒にどれだけ捌けるか示した数値。

CrystalDiskMark ベンチマーク結果 SAMSUNG MZ7PD128HCFV-000H1 128GB

メーカーが公表していないことが多く、あったとしてもHPまで行ってくまなく探さなくてはいけない。ほとんどの場合ユーザが独自にやっているベンチマークに頼ることになる。ユーザレビューを参考にしよう。

何回かベンチマークをすればわかるが、毎回結構違った数値を返してくる。これは上記でも述べたようにSLCキャッシュ技術によるものだ。このキャッシュを吐き出すタイミングで数値が変動するのだと思われる。1GBのベンチマークだろうとキャッシュ内に容易に収まるため、数回テストした段階で書き出しが始まる。このせいで結果のばらつきが生じるのだと考えられる。


バルク品には注意

よくパッケージングされてなくて簡易包装やプチプチ袋だけで売られてることがあるがこれには注意が必要だ。これらの商品は本来データセンターなどに納入する予定のものがなんらかの理由で市場に放流されたものだ。そういったところでは必ずしも速度を重要視しておらず、ランダムアクセスがいまいちだったりする。

例えばこの Micron 製の 2TB  SSD だが、他の 2TB SSD が軒並み50,000円を超えるというのに35,000円と激安だ。

だが下記の動画を見ればわかるとおり、性能はかなり微妙。データ保存用の外付けドライブにでも使ったほうがよさそうだ。

Micron バルクは 2TB にも関わらず、 Crucial MX500 や Samsung EVO 860 の 500GB に負けてしまっている。


私見

容量が同じで Crucial 、Intel、SanDisk、 Samsung などの有名なメーカー製のドライブならば、安い方を買ってしまってもガッカリすることはないと思う。

個人的に推しているのが Samsung 製の SSD だ。耐久性、読み書き性能共に高いのもあるが、付属ソフトの Samsung Data Migration も非常に優秀で使っていて失敗したことがない。 Acronis も良いソフトだがバージョンによってたまに正しく移植できなかったことがあった。

Samsung 製のドライブは多少は高いが、このクローニングソフトは使い方も簡単で初めてドライブを移行する人にとっても良いものだと思う。



 

こちらの記事もどうぞ

ORICO 2.5インチ SATA USB3.0 HDDクリアケース – レビュー... ノートPCを SSD に換装したついでに取り外した HDD 2.5 をポータブルドライブとして活用することにした。そこで HDD ケース やコネクタが必要になってくる。 透明なケースと工具なしで取り替えできる、USB 3.0 以上というのが条件でこちらのケースがヒットした。 ...
Linux システムに SSD を搭載後にした設定... Windows と打って変わって、 Linux では何から何まで自分で SSD に最適な設定をしなければならない。 目次   1. SSDの特徴や用語 2. 最適化設定 2-1. パーティショニング 2-2. TRIMの設定 2-3. I/O スケジューラ...
Windows 10では SSD の最適化設定をする必要なし!... 昨夜 SSD をノートパソコンに導入して驚いたのだが、なにもせずとも  Windows が SSD を自動的に判別して最適な設定にしてくれた。Windows XP や Vista の場合は手動で TRIM を有効にしたりしなければならなかったが、 Windows 10 では TRIM の自動化はもち...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です