Linux・Windows混在環境でのバックアップとファイルシステム

普段Linux使っているが、ときどき映像編集するためにWindows搭載のノートPCを使うことがある。こういった特殊な環境を構築しているとオフラインでHDDにデータをバックアップするときにどのファイル・システムを使うか悩むことになる。

先に結論を言ってしまうとNTFSが最適解かな、ということになった。


安定性と利便性

Ext4

速度安定性は申し分なしで素晴らしいけど、Windowsでマウントするにはソフトウェアをインストールしなけらばならず、一手間かかる。何よりこの手のWindowsサードパーティソフトは信頼性に欠ける。定番ソフトであるExt2Fsdでさえうまく認識できないこともある。

FAT32

Windows/Linux/MacOS/PlayStationなど、ほぼ全てのOSで何もせずに認識される万能フォーマットだが、4GB以上のファイルを扱えない。デカイファイルは分割する必要がある。読み書き速度は遅い。

NTFS

Windows NT系の標準ファイルシステム。10年前ならまだしも現代のLinuxディストリビューションは大体インストール直後からコイツを マウントできるし、できなくてもパッケージを入れることで、ものの数分で対応できる。読み書きの速度はそこまで早くないがFAT32よりはマシ。

XFS

そもそもコイツどうやってWindowsでマウントするんだ。

 

このように利便性と安定性の観点からFAT32かNTFSに絞られる。


文字コードの問題

FAT32だとShift_JISにエンコードされるのでファイル名に若干制限がある。

NTFSを使用する場合Unicodeのため、制限はほぼない。そのため余計な心配をせずに済む。


Windows上でフォーマット

Linux上でフォーマットしても問題なかったが、NTFSへのフォーマットはWindowsOS上で行った方が安全かもしれない。

何か問題起きたときにディスクチェックや修復作業は結局WindowsOSで行うしね。

  1. Windowsロゴを右クリックして「ディスクの管理」を押下

windows-disk-format1-min

 

2. フォーマットしたいディスクを選択し、右クリック、フォーマットを押下

※ディスクが初期化されていない場合、最初にMBRかGPTか選択しろというダイアログが表示される。3TB以上のディスクでもなければGPTにするメリットはそんなにないと思う。

windows-disk-format2j-min

3. 各パラメータを入力していくわけだが、大体初期値で良いと思う。ボリュームラベルだけわかりやすくしておいた方が良いかも。

windows-disk-format3-min

以上

最近MS側もLinuxコミュニティに対してアプローチを行ってるしそのうちLinuxのファイルシステムをサポートしてくれるようになれば良いんだけどねぇ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。