Huawei MediaPad M1 8.0 (403HW) root権限取得とその他小ネタ

Android
この記事は約2分で読めます。

※当サイトはアフィリエイトからの広告収入で運営されており、広告が表示される場合があります。

Y!Mobile 版 Huawei MediaPad M1 (403HW)

Y!Mobile から Huawei MediaPad M1 が機種代金無料、通信費毎月1GB 500円の3年契約で投げ売りされていたので購入しました。しかし、ローカライズされているためかこの機種のカスタム情報はほとんどありません。

調査したところグローバルな型番は S8-303L で docomo dTab d-01G と同等品?であるがわかりました。それを元に Root 権限の取得方法とテストモードに入る方法までは判明しましたが、ファクトリーイメージ(初期ROM)も公開されていないのでリカバリが起動不能になったら復旧は無理だと思います。

この記事以外で知っていることがある方は是非コメントしてください。

ROOT権限取得方法

Root権限を取得するということはメーカー保証や修理を受けられなくなる可能性が高いです。またセキュリティホールを広げる行為です。Rootを取得したデバイスで大切なデータを保存しておくのはやめておいた方が良いです。またオペレーティング・システムが起動不可になり文鎮と化すこともあります。

XDA Developers で公開されている KingRoot というツールで Root 権限を取得できました。Supersu と入れ替える方法もありますが要検証。

301 Moved Permanently

Root情報について発見したのは下記のスレッドです。有益な情報があるかもしれません。

301 Moved Permanently

テストモード

工場でテストするためと思われるモードを発見しました。このメンテナンスモードで機体に不具合がないかどうかチェックできます。

付属の電卓アプリに以下のコマンドを入力するとテストモードを起動することができます。

()()2846579()()
HUAWEI(ファーウェイ)
¥21,800 (2024/02/23 02:11時点 | Amazon調べ)

おわり

コメント

  1. より: